プロフィール

【御挨拶】

此の度ホームページを開設しました衣笠新太郎と申します

山口市内で刺青の仕事に携わって三十三年目となりました
今更ホームページとも思っておりますが、この十年来全国で同職の若い方々も沢山増え、それぞれに御活躍なさっておられます
実に喜ばしいことです

つまりは皆さん方に刺激を受けたのかも知れませんね
また、私の息子の兼一朗も数年前より手許に置いて勉強させております
昨年四月よりは【彫兼】としてブログなどを始めて皆様方に可愛がって頂いております
この場を借りまして師匠としてお礼申し上げます

いうまでも無く我が国独特の刺青肌絵は世界に誇れる文化であると確信します
それも幾多の先人先輩の方々の努力ご苦労のお陰があって今日の盛況があると感謝の思いもひときわであります

我が子といっても私も弟子というものを持ちました
これが思いも掛けず自分を見つめ直す良い機会となりました
人に教えるということが自分にとってこれほど勉強になるとは思ってもみませんでした

師弟共々これからもひと刺し、ひと彫りに益々精進して参る所存であります
宜しくお願い申し上げます

平成二十五年九月吉日

_DSC0009

彫きぬ

衣笠 新太郎 

【プロフィール】

日本人
1951年大阪市西成区生まれ
府立高校中退後海上自衛隊入隊
数年後除隊し子供の頃より魅力を感じていた刺青を自分の身体に彫りあげる
1979年広島市の片隅にて【彫り師】として他人の身体に刺青を彫り始める
その後縁あって山口市に住まいし現在に至る
山口市に移り住む前も以後も出張仕事【俗にいう旅】で県外各地を廻る
平成2年春から平成16年秋にかけて毎月半分を東京都内で彫り続ける
現在は山口市からあまり動かず依頼者の要望に応えるべく地元で彫り続ける

 

御味代【料金】

ひと彫り3万円です。
ひと彫りとは2時間で終わることもあり、また2時間半ほど時間の掛かることもあります。
値段に合った仕事量と内容で自分の納得いく様に彫り進めてその日の分を終わります。
目安として体重70kgの方が5分袖の片腕の和彫で筋彫りから色揚げ完成まで凡そ7回です。
マシーンは筋彫りだけで仕上げは手彫りですので痛みもマシーン程でも無く治り方もはやいです。
とは言っても刺青ですので
少しは我慢してね

 

【施術のご紹介】

初日の一回目の進み具合を紹介します。
男性  体重65kg程度の右太腿に観音菩薩

筋彫り完成後  ひと息ついてもらって髪の大半を手彫りしました
photo photo のコピー
五日後の二回目です
前回の彫り傷も完全に治り日焼けの皮がむける様な状態
これが本来の正しい手彫りの治りです
二回目終了です
photo のコピー 2 photo のコピー 3 photo のコピー 4

 

完成しました
顔の化粧やその他は四回目に短時間で終わりました
最後の日は一万円だけ頂いてトータル十万円でした

photo のコピー 5 photo のコピー 6

 

また同じ箇所  同サイズでも和花やその他簡単な絵なら回数もこれほど掛りません
しかし複雑になればなる程手間は掛ります

 あくまで目安として紹介します。

Copyright© 【山口県山口市】刺青 彫きぬ:TATTOO 和彫 All Rights Reserved.

〒753-0051 山口県山口市旭通り1丁目1-13 第二信和ビル402号 -開場- 12:00~22:00(不定休)
電話/FAX:083-924-6727 -師匠- 衣笠 新太郎:090-3174-5560 -内弟子- 衣笠 兼一朗:090-5376-5258